廊下、階段、玄関ホール、エントランスなどはご入居者の方の共用部分です。

バルコニー(ベランダ)も緊急時には避難通路となります。

居住者が安全で快適に利用できるようご配慮ください。

通常の賃貸住宅では犬や猫などのペットは飼うことはできません。

一時預かりも禁止です。

管理会社の許可を得てペット飼育の契約を締結している場合でも、ペットの臭いや鳴き声などは、他のご入居者の方に迷惑となる可能性がありますので、ルールは必ずお守りください。


ペット可の物件を除き、犬・猫などのペットは飼育も持ち込みも禁止

ペット可の物件を除き、室内および敷地内でのペットの飼育と持ち込みは一切できません。


鳴き声や物音などの騒音

犬や猫など、鳴き声がどうしても気になるという住民の方が隣や階下にいる場合もあります。

飼い主の責任として無駄吠えが少なくなるようにしつけをしてください。

またペットが動き回る際の足音や物音に敏感な方もいますので、対処法として床にカーペットや防音マットを引いたり、動き回ることができるスペースを制限したりといった対策を行ってください。


ペットの臭い

ペットの臭いは、大きく分けて「排泄物」と「体臭」という2つの原因があします。

ペットの糞尿は適切な処理を行い、近隣住民の迷惑にならないようにしてください。

また体臭についてもこまめにシャンプーをしてあげるなどの対応をお願いいたします。


規約が守られていない

たとえペット可の賃貸物件であっても、飼育可能なペットの種類や数、大きさ/体重を決めている規約があります。

「小型犬1匹」もしくは「猫1匹」が一般的ですが、エレベーターで同乗したらビックリするほどの大型犬を飼っていたり、契約時には申告していない動物を増やしたりするのは規約違反となります。

「友人から預かった」「子どもが産まれた」など何かしらの理由があったとしても、契約に違反した場合は相応の罰則がある場合が多く退去を通告されてしまう場合もあります。

必ず事前にペット飼育に関する規約内容を確認しておきましょう。


マナー違反

犬の散歩ができずベランダに放し飼い状態としてしまう、または共用スペースである廊下に犬用ゲージを設置するなどしてしまうと、近隣住民の方も迷惑を被ることとなります。

ベランダで放し飼いすることで排泄物の臭いや鳴き声などが周囲に広がりますし、共有スペースの廊下に物を置くことはそもそも許されません。

飼い主もペットも、もちろん近隣住民の方も互いに理解を深めて充実した共生生活を営むことが大切です。

不要なトラブルがおこらないよう、懸念となるポイントがあれば注意して改善を行ってください。


賃貸条件でペット対応の物件では、飼育に関するルールに従ってください。

万一、ペットを無断で飼育していることが判明した場合は、契約違反として費用の請求と退去をお願いすることがあります。

※ペット対応物件でペット飼育契約を締結している場合は除きます。