マンション経営は一日にして成らず!だからこそあらゆる不安をサポートするパートナーが必要です。

マルトクエステートは、不動産業で培った長年の経験を活かしてオーナー様のあらゆる不安に対して真摯に素早く対応し不安を取り除きます。

【豊富な広告】

SUUMO・アットホームなどのインターネットメディア、新聞広告やチラシ・パンフレット等、多彩な方法で多くのユーザーの目に触れる機会を増やします。

【豊富な営業活動】

当社の賃貸担当営業マンが県内の同業他社に直接訪問し、情報を開示し、より多くの方の目に留まるよう働き掛けを行っています。

【豊富な物件】

“当社に行けば良い物件がある”という評価は何よりの自慢です。常に豊富な物件を揃えているため、入居希望者は多くの情報の中から選ぶことができます。

【マルトクエステートならではの選定眼】

他の入居者が困る人が入居しないよう、当社独自の入居者選定データにより、確実な選考を行なった上で判定致しますので、オーナー、入居者とも安心です。

【専門業者による調査】

当社なりの選定を実施するとともに、専門業者にも入居者の調査を依頼します。当社の判断をより客観的な目でチェックすることで、オーナーの方に万全の入居者をお世話したいと考えるからです。

【入居希望者のランク付のマニュアル化】

より条件のよい入居者を選定するため、独自の方法で希望者をランク付け。客観的資料をもとに比較検討できるので、当社の判断だけでなくオーナーの方にとっても判定の助けとなるわけです。

【法に基づいた適正な契約】

入居希望者とオーナーの双方が納得すればいよいよ契約となるわけですが、この契約に当たっては、入居希望者と当社の二者により、宅建業法等の諸法規に基づいた適正な契約を結びます。

【オーナーの代行】契約時にオーナーが前面に出ることはありません。私どもマルトクエステートが、オーナーの信用を第一に自分の物件のつもりで、すべての手続きを代行します。オーナーは契約締結の報告を受けるだけでよいのです。

【司法書士、税理士等のバックアップ】契約に関しては、法規の問題など専門知識が必要なケースも生じる場合があります。そんな時心強いのが当社のサポートシステム。司法書士、税理士をはじめとするコンサルティングの専門スタッフが強力にバックアップします。

【オーナー一括受け取り】

何世帯もの入居者から家賃がバラバラに入るのでは、オーナーは毎月の収支状況を把握するのが面倒。そこで当社サポートシステムでは一旦当社の口座へ。オーナーは一括して家賃を受け取ることができます。

【銀行とのオンライン】

当社は、コンピュータにより銀行とのオンライン化を実施していますので、文字通りの家賃一括受け取り。オーナーは、毎月一回「明細書」で金額の確認と「入居者一覧表」で入居者の入居状況を把握するだけでOKなのです。

【きめ細やかな入居者管理】

OA化で作業の効率を高めながらも、当社は人と人とのふれあいを大切にしています。入居者に対しても”家主と店子”のようなおつき合い。時には人生相談も受ける人間的な信頼関係で応えています。

【滞納者対策・滞納保証(立替)】

家賃の滞納については、即チェック。素早い対応で、入居者への催促、保証人との連絡などの手を打ちます。また、家賃滞納にあたり、当社独自の「滞納保証」(家賃の立替)もご利用になれます。

【レポーティング】

家賃収入の状況を「契約金明細書」「家賃支払明細書」「入居者一覧表」といったフォームで、きちんと提出するのもサポートシステムならでは。また随時、問題点、改善点、提案等をレポートします。

【定期報告、管理データの提供】

広告に対しての反応(問い合わせ数・申込数・案内件数・および申し込みに至らなかったお客様の感想など)を日々データ化し、オーナーへ毎月お送りし対応策を共に考えます。賃貸営業部からは市場の動向について、サービス部からは当該物件の現状について、そして管理部からは資産の保全についてを定期的に報告し、それぞれの分野での報告に基づいた維持管理の方法を提示します。

【クレーム対策】

入居してからの不都合なことがら、クレームについてもオーナーの方々の手を煩わせません。オーナーの信用を大切に業務を代行して、迅速かつ適切に処理いたします。

【365日、24時間管理システム】

入居者の快適な暮らしを守るために、専門のスタッフが定期的に巡回していますし、連絡があれば直ちに訪問して適切に処理します。日曜祭日や夜間も当社の「緊急連絡センター」にて、思わぬ事態の発生にも対応しオーナーや入居者の安心生活をお約束します。

【スケールメリット】

当社はこれまで100棟近くの物件管理というスケールメリットを保持し、メンテナンス工事の発注も多量。よって質の高い工事が低コストでできるというメリットを生み出しました。

【協力業者・専門業者によるメンテナンス】

高入居率を保つために建物の老朽化など物件のチェックは欠かせません。そこでプロの目で点検を行い、必要な箇所は協力業者や専門業者によるリフォームの提案も行います。

【物件の点検】

入居者の退去後は直ちに専門のスタッフが物件のすみずみまで厳密にチェック。その結果をオーナーに報告し、必要なメンテナンスの手配をします。

【物件の再評価】

市場の動向や立地の変化等の調査を行い、それに基づいて、家賃値上げの可能性を検討したり、また、仕様・設備等の変更の必要性などもオーナーと一緒に検討して、新たな募集に備えます。

【厳密な敷金の精算】

家賃の滞納がある場合はもちろんのこと、物件の点検結果に基づいて修理が必要な箇所の清算など、厳密に敷金の精算を行います。

【入居者の再募集の準備】

空室状態をなくすため、入居者から退去の連絡を受けると直ちに再募集の準備にかかり、同時にメンテナンスの期間に入居者の選定を済ませます。