保証人にも2種類あることをご存じですか?いい部屋選びは細かいことのチェックもお忘れなく!

一般に”保証人”と言われているものには保証人連帯保証人がありますが、その違いを皆さまはご存知でしょうか?

”入居者が何らかの理由で家賃を長期滞納しており、支払いを督促しても埒があかない”

”予告なしに突然引っ越して移転先がわからない”

こんなことになったら大家さんは誰に連絡してくるか?

そう「保証人」ですね。大家さんが「滞納している家賃を払ってくれ」とか「本人を捜し出しせないときは責任とってくれ!」と請求してきたとき、保証人と連帯保証人では取れる行動が異なってくるのです。

保証人の場合は「大家さんの方で何とかして探し、本人に先に請求してくれ」とか、「本人は実家に財産を持っているはずだから先にそこを差し押さえてそこから回収してくれ」などと言えるのに対し、連帯保証人の場合にはこのようなことは一切言えません。

連帯保証人とは本人と責任は同一


連帯保証人の場合は、家主は主たる債務者(借りた本人)と連帯保証人のどちらにでも請求することができます。この場合常時連絡が取れ、しかも回収しやすい連帯保証人に請求する、これは自然なことですね。

また、保証人の場合、ほかにもう一人保証人がいれば、保証の範囲は半分ということになりますが、連帯保証人の場合はもう一人連帯保証人がいたとしても、頭割り(二人による均等分割)できず、全額の支払いに応じる義務があります。

賃貸マンションに入居を希望する場合、必ず契約書に「保証人」の項目があるはずです。何らかの事情があって支払いが滞ってしまうと保証人、連帯保証人に迷惑をかけてしまうことになります。契約にはそうした責任が伴うわけです。皆さんも経験あると思うのですが、親、兄弟ならばいざ知らず他人にはなかなか保証人は依頼しづらいものです。そこで、そうした問題を解決するために設けられた制度が、保証人不要の保証会社制度です。

この保証制度とは、

 ・高齢の両親に保証人を頼むのは気が引ける

 ・親族が遠方に住んでいる

 ・友人に借りを作りたくない

 ・条件を満たす保証人が見つからない

など、なかなか連帯保証人を頼めない、頼みづらいという人のために、連帯保証人をつける代わりに保証会社を利用することができる制度です。といっても全ての物件に対して利用できるわけではありません。

借り主は一定の保証料をお支払いいただくだけでこの制度を利用できます。一方、保証会社は、賃借人が賃料を滞納した場合に一定の条件のもとで賃借人に代わり賃貸人(家主)に賃料を支払い、実質的に連帯保証人と同様の行為を行います。ただし、保証会社によって、その保証内容も異なりますので契約内容をよく確認することが必要です。